神経痛のような痛み、精神面の原因を考えてみる

神経の痛みは非常に多々あり、その原因も一つではありません。

また痛み方もそれぞれで、しびれるような痛みや針で刺したような痛みなどがあり、中にはその原因を特定するものが難しいものもあります。

新宿ストレスクリニックでは、診断が難しいとされる線維筋痛症を、ペインビジョンという痛みを測定する機械を用いて痛みの大きさを数値化し、的確な診断を行います。

問診だけでは不十分な部分を補い、誤診や病変の見落としなどを防ぎます。

痛みや疲れと言った体調の不振が長く続き、これといった原因がわからない時は、受診してみるといいでしょう。

自分が精神や神経の症状があるわけではない時でも、周りの人の付き添いをしてあげるのが大切です。

神経や精神面で不安定な状態の時は、診断してもらっても医師とのコミュニケーションがうまくいかないことも多いので、だれかが付き添ってあげることがとても大切です。

一人では心療内科や精神科に通うことにハードルの高さを感じる患者には、サポートしてくれる人の存在は大きいものです。

うつを発症するきっかけは、環境の変化などに起因することもあります。

出産、育児、転校、転勤、就活、受験などの人生の節目で、うつを発症するきっかけになってしまうこともあります。

痛みやだるさ、不眠や常に眠いなど、体調が悪化して原因がわからない時は、精神的な要因を疑います。

疲れやすくなったり、食欲が減ったり増えたり、身なりに気を使わなくなったりといったことがあったら、うつのサインであることもあります。